日本語
livecasinorank.jp
  • ニュース
  • 国別カジノ
  • カジノボーナス
  • カジノゲーム
  • 入金方法
Menu
ライブカジノ
日本語

ギャンブラーの誤謬がなぜそんなに問題なのか?

ニュース

2020-11-07

私たちは常に間違いを犯す可能性があり、プレイしているゲーム中にどれだけのお金を獲得したか、いくつのチップを持っているか、どれだけ良いと思うかは関係ありません。最大の過ちの1つは、ギャンブラーの誤謬と呼ばれるものに陥ることです。これは、多くの場合、プレーヤーがオンラインカジノから追放される原因となります。まず、これが何であるか、そしてそれに陥るのを防ぐ方法を理解しましょう。

ギャンブラーの誤謬がなぜそんなに問題なのか?

ギャンブラーの誤謬は何ですか?

多くの人が、 ライブカジノ または彼らの日常生活の中でさえ、ギャンブラーの誤謬に遭遇した可能性が高いです。この概念は基本的に、単純な偶然性イベントが1つのイベントまたは一連のイベントの後に発生する可能性が多かれ少なかれ発生する可能性が低いという信念に基づいています。基本的に、この誤謬は完全に、それがしばらく起こらなければ何かが起こるという前提に基づいています。

この誤謬の起源

この誤謬の起源は実際にはわかっていませんが、数理心理学者であるエイモス・トベルスキーと心理学者であるダニエル・カーネマンによって最初に提案されました。ギャンブラーの心理学のような認知行動を分析することにより、どちらもギャンブラーの誤謬を、ギャンブルは連敗または連勝の場合に何らかの形で自分自身を修正する公正なものであるという誤った信念に帰することができました。

この誤謬の例

ギャンブラーの誤謬の最大の例は、コイントスとの関連でそれを調べることです。コイントスが頭または尾に着地する確率は1:1です。したがって、コインを20回裏返し、尻尾を上げて着地するたびに、ギャンブラーの誤謬の下で、次の裏返しが頭に着地する可能性が高いと予測します。

コインが尾を引いた回数に関係なく、次のコインが表または裏を回す確率は依然として50%です。以前のトスは、将来のトスにとって実際の意味はありません。

この誤謬をルーレットに当てはめると、これに吸い込まれるのがいかに簡単かがわかります。このゲームでは、ボールが赤に着地する可能性が50%であるためです。したがって、ボールが10回連続してスピンした後に赤に着地した場合、この誤謬の下では、次のスピンでボールが黒に着地すると想定します。ただし、確率は両方の色で50J5tIVf8KnRtCjのままです。

モンテカルロカジノ事件

モンテカルロカジノ事件は、ギャンブラーの誤謬の最も人気のある例の1つです。 1913年のルーレットの試合中に、ボールは26回連続して黒に着地しました。これは確かにありそうもないことでしたが、それは起こりました。当時のプレーヤーはギャンブラーの誤謬を想定し、黒に対して数百万を賭けました。これは、ストリークが終わり、次回は赤が勝つという理由からです。しかし、そうではありませんでした。黒は再び勝ち、誰もがお金を失いました。

ギャンブラーの誤謬と賭け戦略

誰もが嫌っているにもかかわらず、ギャンブラーの誤謬は、一部のゲーム、主にネガティブプログレッシブシステムの一部のベッティング戦略で使用されています。マーチンゲールシステムは最も人気のあるシステムで、負けたときに賭け金を2倍にして、失ったものを実際に取り戻すことができます。この戦略は主にルーレットで使用されます。

カジノプロモーション

最新ニュース

2021-04-08

カードカウンティングはまだ機能しますか?

ブラックジャックRead more
ギャンブル中毒免責事項責任あるゲーム個人情報保護方針利用規約Sitemap
© livecasinorank.jp 2021